リフォーム+音響調整


  まずリーフォーム+防音工事を施工する場合は

 解体工事を行い、スケルトン状態にします。

 

 

 

 

その一


  野材による下地造り 下地については、LGS(鉄材)による下地より木材(角材)の方が

 音の響きをコントロールするといゆう事にとって、有利とされています。

 

 

 

その二


303ミリピッチで建てた木下地に吸音材を挿入します。 

リフォーム工事にあっても 断熱効果+吸音効果を求める必要があります。

 

 

 

 

その三


石膏ボード+クロス工事後  

後付けタイプの音響調整パネルをはってゆきます。

音響調整パネルには、吸音パネルと乱反射パネルがあります。

部屋の大きさや形状 部屋の使用目的によって、配置やそれぞれの数量が変化します。